ベリーたっぷりのタルト.オ.フリュイ.ルージュ| タラソテラピー&ライフ

ベリーたっぷりのタルト.オ.フリュイ.ルージュ

f-rouge33 ベリーのタルト

6月の果物といえばフランスでは、苺やラズベリーなど、ベリー類の果物がたくさん実をつけます。

f-rouge35


うちで収穫したラズベリーです。
一般に見られるラズベリーは、赤色でサイズは1~2cmくらい。とてもキュートなカタチをしています。甘酸っぱいラズベリーはケーキやタルトなどに添えてそのまま食べたり、ペクチンが豊富に含まれているので、ジャムにすると美味しく、色もあざやかです。また、果実酒、ソースなどにも用いられます。うちには、果実の黄色い「ゴールデンクイーン」や「ファールゴールド」もあります。酸味が少なく甘い品種です。ラズベリーは日持ちしません、収穫したらすぐに食べましょう。

 

スポンサーリンク

ラズベリーの栄養と効能

ラズベリーには生活習慣病の予防によいとされるカリウムが含まれています。これはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。不足すると、筋肉が弱り、障害を起こす原因になります。その他に、貧血予防に効果がある葉酸が含まれます。そして、ポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれるので眼精疲労が軽減できます。

ベリー類

ユキノシタ科 レッドカラントやブラックカラント、ホワイトカラントなどのフサスグリ類と、グースベリーなどのスグリ類など。
バラ科 一般的なストロベリーや、ブラックベリー 、ラズベリー、ジューンベリーそして、チェリーなど。
ツツジ科 ブルーベリー 、クランベリーとも呼ばれるコケモモなど。

ブラックベリーとリンゴのクランブルタルト

我が家の シェフ · キキが、うちに実ったブラックベリーを使って、『 ブラックベリーとリンゴのクランブルタルト 』を作ってくれました。
tarte 100tarte 101
tarte102
リンゴの甘みとブラックベリーの酸味の相性がよく、クランブルとタルトのサクサクな食感がたまらなく美味しいタルトです。

『タルト・オ・フリュイ・ルージュ』ベリーたっぷりのタルトの作り方

シェフ · キキが、『タルト・オ・フリュイ・ルージュ』ベリーたっぷりのタルトの作り方を紹介します。

材料 ー サブレ生地
  • 小麦粉 250g
  • 砂糖 125g
  • 無塩バター 150g
  • たまご 1個
サブレ生地 の 作り方

f-rouge1

小麦粉と砂糖を手で混ぜ合わせます。

 

 

f-rouge2

細かく刻んだバターを加えます。

 

 

f-rouge3

手で、つかむように混ぜ合わせます。この時、混ぜすぎないように、少しバターの粒が残るくらい混ぜます。

 

 

f-rouge5

中心に穴を作り、たまごを入れます。

 

 

f-rouge6

へらで、切るように混ぜ合わせます。

 

 

f-rouge7

材料を全て混ぜ合わせました。

 

 

f-rouge8

手首ですり込むように生地を作っていきます。

 

 

f-rouge9

サブレ生地が出来ました。

 

 

f-rouge10

ラップをして、冷蔵庫で30分間寝かせます。

 

 

材料 ー アーモンドクリーム
  • 無塩バター 80g
  • 砂糖 80g
  • アーモンドパウダー 80g
  • 小麦粉 8g
  • たまご 1個
  • アーモンドエッセンス 少々
アーモンドクリーム の 作り方

f-rouge11

バターと砂糖をボールに入れます。

 

 

f-rouge12

しっかりと混ぜ合わせます。

 

 

f-rouge13

混ぜました。

 

 

f-rouge14

そこへ、アーモンドパウダーと小麦粉、たまご、そしてアーモンドエッセンスを加えます。

 

 

f-rouge20ゴムベラで混ぜ合わせ、アーモンドクリームが出来ました。

 

 

f-rouge15

Ø22cmの型にバターを塗り下準備しておきます。

オーブンを180℃にセットしておきます。

 

材料 ー カスタードクリーム
  • 牛乳 500ml
  • 砂糖 90g
  • たまご 1個
  • 小麦粉 30g
  • コーンスターチ 30g
  • バニラエッセンス 少々
カスタードクリーム の 作り方

f-rouge16

ボールの中に砂糖とたまごを入れ、混ぜます。

 

 

f-rouge17

そこへ、小麦粉とコーンスターチを加えて混ぜます。

 

 

f-rouge18

牛乳を沸騰させないように、温めます。

 

 

f-rouge19

温めた牛乳の1/3をボールに入れて、なじませます。

 

 

f-rouge21

ボールに、バニラエッセンスを加えて、しっかり混ぜます。

 

 

f-rouge22

次に、先ほど温めた残りの牛乳の中にボールで作った材料を全て流し入れます。

 

 

f-rouge23

弱火で、手を休める事なくしっかり、とろみが出てくるまで、混ぜ続けます。カスタードクリームが出来ました。

 

タルトを焼く

f-rouge24

生地をしっかり伸ばし、先ほど用意したタルトの型にのせます。

 

 

f-rouge25

フォークで穴を開けます。

 

 

f-rouge26

アーモンドクリームを入れます。

 

 

f-rouge27

ベリー類を入れます。

 

 

f-rouge30

オーブンを180℃にセットして、20分間焼きます。

 

 

f-rouge31

生地をさましてから、カスタードクリームをのせます。

 

 

f-rouge32

カスタードクリームをたっぷり使いデコレーションしていきます。

 

 

f-rouge33

ラズベリーなどのベリー類をのせて、できあがりです。

 

 

完成

f-rouge34

このタルトは、サブレ生地なのでサクサク感があります。甘みの少ない風味のあるアーモンドクリームと、カスタードクリームが調和し、そこにベリー類の酸味が加わり、バランスの良い『タルト・オ・フリュイ・ルージュ』に仕上がりました。

シェフキキ

Bon appétit !!

 

ネットショッピング

  Amazon.fr  
    Japon    
rose
タイトルとURLをコピーしました