フランスの ”レッドカーペット”と社会階級 - タラソテラピー&ライフ

フランスの ”レッドカーペット”と社会階級

red carpet レッドカーペット

先日、パリの”パラス”の前を通りかかった時のこと、

ホテル関係者が、歩道まで”レッドカーペット”を敷き詰め、

私は歩行者なのに、歩道を歩くことができず…、

レッドカーペットをよけながら、車道を歩いて目的地へ。

 

Red carpet

 

その時、感じたのは、階級の高い人は歩道で、私たち”庶民”は車道なの?!

レッドカーペットで、腑に落ちない体験をしました。

階級差別は、本能的に正しくないと感じる人は少なくないと思います。

しかし、今でもフランスは、社会階級です。

 

スポンサーリンク

フランスの国旗「自由・平等・友愛」と現実

france

 

フランス人たちは、何でも階級をつけたがる傾向があり、

ホテル、ミシュランガイド、キャンプ場まで、星の数でランクを決めます。

 

さらに、貴族階級というのが現在でも存在していて、

一般の人には入れない社交界というものがあります。

 

また、軍の高級将校や政治家などは、ほとんどがある特定の学校卒業者であることなど、

フランスと言えば、フランスの国旗「自由・平等・友愛」のイメージがありますが、

現実は、社会階級が根強く続いている国なのです。

 

高級ホテル「Palace パラス」

rich

 

パリの”パラス”とは?

フランスでは、ホテルの格付けの中で、5つ星ホテルよりも上のランクの

特に優れた高級ホテルを「Palace パラス」と言います。

 

一般にパラスの宿泊料金は、スタンダードなダブルルーム(朝食付き)で、

一泊 約600ユーロ(7万8千円)〜 800ユーロ(10万円)です。

ロイヤル・モンソーの 400m2 のフラットは、なんと1泊2万ユーロ(260万)以上します。

 

「パラス」の格付けを得るためには、

立地のよさや、歴史的・美的あるいは文化遺産としての価値、利用客のニーズに対応したサービス、

  • フィットネス施設やスパがあること
  • 多言語を話すスタッフがいること
  • コンシエルジュ・サービスがあること

などが必須の条件となっています。

 

レッドカーペットを大切にする”パラス”

tapis

「ル・ロイヤル・モンソー・ラッフルズ・パリ」

 

芸術と文化に強いこだわりを持つ、

「ホテル・ロイヤル・モンソー (Hôtel Le Royal Monceau Raffles Paris)」の

レッドカーペットで、

実は、今回の出来事を体験しました。

 

上記写真のレッドカーペットは通常、玄関口まで、

上流階級の客を出迎えるときにのみ、

レッドカーペットが車道の手前まで伸びるのです。

 

red carpet

 

世界中から宿泊客が集まるパラス、その中でも、レッドカーペットを歩けるお客は何人いるのでしょうか?

 

フランスで、レッドカーペットと言えば「カンヌ映画祭」

Cannes

 

レッドカーペットは「カンヌ映画祭」のシンボルのひとつ、

毎晩、上映会の参加者はこのカーペットの上を歩いてパレ・デ・フェスティバルの階段を上っていきます。

式典にレッドカーペットを敷くことで、格式高い雰囲気を演出、

レッドカーペット=スター!

レッドカーペットの階段を上ることは成功を意味し、

レッドカーペットが、人々に夢を与えているのです。

 

今年のカンヌ映画祭は、5月17日〜28日まで、

Festival de Cannes 2022
Festival de Cannes 2022

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

確かに、アスファルトの上を歩くより、

レッドカーペットの上を歩く方が、

気持ちいいですけどね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ