タラソテラピー&ライフ | フランスの癒し
バーミヤン

世界遺産バーミヤン 仏像破壊から20年

バーミヤーン渓谷には大仏と多くの壁画が残されており、アフガニスタンの観光地として栄えていた場所です。、2体の大仏は破壊されつつも持ちこたえ、立ち続けてきました。しかし、2001年にターリバーンによって完全に破壊されてしまったのです。あれから、20年経ちました...。
ドラッカー

チョコレート工場でオリジナルなチョコを購入 !

どのお店でチョコレートを購入しようか、迷うほどチョコレート屋さんがたくさんあります!そこで今回は、『Hotot Chocolaterie du Drakkar』のチョコレート工場へ行って、工場で直接チョコレートを購入しました。アトリエとチョコレート美術館があります。
10km

外出制限 10kmって、どこまで行けるの?

2021年4月5日(月曜日)19時から、3度目の外出制限が始まりました。今回は、自宅から10kmを超える移動をする場合に、外出証明書が必要となります。なので、10kmの範囲内であれば、日中(6h~19h)は、自由に外出できる!ということなのです。
チューリップ

チューリップの生命力とがん治療のために寄付

去年、チューリップの球根を買ったのですが植える時間がなく、暗室に置いたままにしていました。その後、新型コロナウイルスの影響で外出制限になり、4月にあわてて植えましたが、時おそし...。花は、咲きませんでした。ところが、今年、あれっ?チューリップの葉が出ていたのです。

パクチー

パクチニストに愛されるパクチーの育て方と料理

独特の香りから好みが分かれる「パクチー」ですが、このパクチーにハマって、こよなく愛する人を日本では、“パクチニスト”と呼んでいるそうです。私も、パリ13区にあるベトナム料理のレストランのフォー(phở) にハマり、これがきっかけで、パクチニストになりました。
ラズベリー

ラズベリー 毎年収穫するためのお手入れ法

黄色いラズベリーは、「ワンダーイエロー」二季なりの豊産性の品種です。去年、夏と秋に2回収穫できて驚きました!ラズベリーは、一季なりと二季なりの種類がある事を知りませんでした。そして去年は、豊作だったので、サスイーツの「ラズベリーのタルト」も作りました。
花粉症

花粉症?風邪?それともCOVID-19?

春になり、今年も花粉症の季節がやってきました。フランスでも、花粉症が存在します。日本では、主にスギが原因で花粉症の症状が出ますが、原因となる植物がフランスでは違います。また、大気汚染があると、より一層、花粉症の症状が出やすくなると言われています。
ウルガット

ノルマンディーの海辺のリゾート地「ウルガット」を散歩

今回は、ノルマンディー地方の海辺のリゾート地「Houlgate ウルガット」を散歩しました。「Houlgate ウルガット」の語源はスカンジナビア語で「狭い、くぼみ」を意味する "holr "と、「通路」を意味する "gata"から由来しています。
バレエ

パリ・オペラ座バレエのプチ情報

クロード・ベッシーさんが校長をしていた時代のパリ・オペラ座バレエ学校の生徒達が、エトワールに育っていく姿を見届けてきました。2021年3月5日、62歳の誕生日を数日後に控え、亡くなったパトリック・デュポンさんは、クロード・ベッシー校長のお気に入りでした。
ブーヴロン

「フランスの最も美しい村」に選ばれた街を散歩

シードル(リンゴの発泡酒)街道にあり、「フランスの最も美しい村」にも指定されている、「ブーヴロン · オン · オージュ Beuvron en Auge」へ散歩に行ってきました。散歩とは、気晴らしや健康などのために、ぶらぶらと歩くことです。
タイトルとURLをコピーしました