タラソテラピーの歴史とフランス - タラソテラピー&ライフ

タラソテラピー

自己診断検査

もしかして濃厚接触者かも?自己診断検査

早く結果を知りたいときに便利な Covid-19 自己診断テストは、2021年4月12日より導入され、薬局で医者の診断書がなくても購入できる「抗原検査キット」のことです。この Covid-19 自己診断テストは、無症状の大人や子供にお勧めといわれています。
ヴィシー

フランスの温泉地ヴィシーが世界遺産に!

登録申請してから9年の歳月を経て、2021年7月フランスのヴィシー(Vichy)をはじめとする「ヨーロッパの偉大な温泉街」がユネスコ世界遺産に登録されました!18世紀初頭から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパの温泉療法の場所として栄えた7カ国11の街が、登録申請していました。
ファイザー2

6週間後に2回目のワクチン接種、大丈夫?

1回目のワクチン接種から6週間目に2回目のワクチン接種をしました。2回目のワクチン接種は、3週間目にするのが標準なので、6週間目に2回目のワクチン接種をした私は、”予防効果が下がるんじゃないかな?”と気になったのです。私の場合、予約日を自分で決めることができませんでした。
アプリ

フランスの「ワクチンパスポート」情報

フランスでは、ワクチン接種が急ピッチで進んでおり、「ワクチンパスポート」の導入が明確になってきています。イスラエルが「グリーン・パス」と呼ばれるワクチンパスポートの導入に成功し、経済活動の再開に繋がっていることを受け、欧州議会は、ワクチンパスポートの技術規格で合意
ファイザー1

55歳以下ですが、1回目のワクチン接種しました!

1回目のワクチン接種をしました!55歳以下という年齢や健康面の条件から、こんなに早くワクチン接種できるとは思っていなかったので、心の準備ができていませんでした...。そこですぐ思ったことは、アストラゼネカだったら、ワクチン接種したくないなぁ...と頭を一瞬よぎったのです!
入れ歯

”入れ歯”にするならフランスで、2021年から0ユーロ!

フランスでは2020年1月1日より、歯のブリッジやクラウンの費用を国民健康保険と補完する保険 (mutuelle ムッチュエル) で100%払い戻しされるようになりました。今年2021年1月1日より、義歯(取り外し可能な入れ歯)にも、払い戻しが適用されるようになりました。
植物性ミルク

スタバでも飲める!トレンドの「植物性ミルク」

乳糖不耐症の方や牛乳アレルギー、そしてコレステロールの気になる方にもお勧めの「植物性ミルク」 。少しずつ「動物性ミルク」から「植物性ミルク」へ、置き換えてたり、栄養バランスを取るために、自分に合う「植物性ミルク」を上手に、楽しく取り入れてみてはいかがでしょうか?
5G

2021年に向けて、世代交代 ー 5G 体への影響

5Gの到来により、特にサイバーセキュリティや個人データの保存・保護に関する倫理的な問題に加えて、健康上の問題も心配されています。 またフランスでは、左翼の政治家や環境保護主義者が、5Gの導入を一時停止するよう政府に求めています。
クライオセラピー

暑い夏におススメ、クライオセラピー

冷たさは、幸せホルモンや癒しホルモンと呼ばれるエンドルフィンの分泌を促進するため、健康維持に効果があります。また、代謝アップ、免疫力、自然治癒力の向上、疲労やストレス抑制、よく眠れるようになるなど、短い時間のケアで様々な効果を得る事ができる画期的なテラピーです。
アルゴテラピー

アルゴテラピー(Algothérapie)で デトックス

アルゴテラピーに使われる海藻は海水中のミネラルやイオンをはじめ、海藻が含む微量元素、ヨウ素やビタミンなどを豊富に含んいます。海水のミネラルが酵素を活性化させて代謝を促し、海藻の働きでデトックスし、香りでリラクゼーション効果を得る事ができるテラピーです。

タイトルとURLをコピーしました