タラソテラピーの歴史とフランス - タラソテラピー&ライフ

タラソテラピー

医療費

医療費の自己負担額が2倍に!

医療費の定額患者負担額を2倍にすることを決定しました。えっ!2倍。2倍と聞くと、すごい金額を払うように聞こえますが、今まで、1ユーロ
世界肥満デー

フランス人口のほぼ50%が太りすぎ!

いや〜、今週のお客さんたちは、スゴかった…。何がスゴかったって?太り方が半端じゃなかったのです。ゾーンBがバカンスだったのも要因の一つ
時差ボケ

時差ぼけの上にサマータイム

私も、海へ戻って来ました。時差ボケを改善するために、太陽を浴び、マイナスイオンを体内に取り入れ、生活リズムをフランス時間へ
スキンケア

なぜ?日本滞在中に始まった肌の不調

日本旅行を満喫していますが、肌の調子が、超最悪!顔は、肌がハリすぎて、笑うと小じわがたくさん目立ち、表情も疲れたように見え、
開業医

また値上げ…診察料が30ユーロへ

開業医の診察料は、26.50ユーロ(約4,240円)。現在、フランス国民健康保険は、診察料を30ユーロ(約4,80円)に引き上げるよう労働組合に提案
メガネ

フランスでメガネ購入!そのお値段は?

見積書をよく見ると、フランスの国民健康保険 AOM(Assurance Maladie Obligatoire)の払い戻しは、たった0.09€(約15円)!
アイスマン

アイスマン・メソッドで、冬の健康対策

年末の研修会の日々、研修会の内容を全てを語ることはできませんが、今日は、ノルマンディーで、最近コロナ感染者が増えてきているので、
フットケア

足の裏、フットケアしてますか?

日々、雨が降り続くノルマンディー地方です。”自分の体にもカビが生えそう”なくらいの湿気があるのに、足を見たら、カサカサ!
更年期障害

更年期でない人にもオススメの一冊

今回は、更年期でない人にもオススメの本を紹介します。一般に、女性であれば誰もが経験する、生理のある体から、生理のない体になる、
クレプトマン

ない!盗まれた?それとも取られた?

外部の窃盗症の人の仕業でした。フランスでは、このような窃盗症がある人を「Cleptomane クレプトマン」と呼びます。