フランスの家庭菓子「ルバーブのタルト」 - タラソテラピー&ライフ

フランスの家庭菓子「ルバーブのタルト」

rhubarb5 ルバーブ

「ルバーブ rhubarbe」という名の作物をご存知ですか?

フランスでとてもポピュラーなルバーブは、家庭菜園でよく育てられている作物の一つです。

和名は「ショクヨウダイオウ」ですが普及度が低くいため、日本でも「ルバーブ」と呼ばれているようです。

ルバーブは、体内の余分なナトリウムの排出を促し、高血圧など生活習慣病の予防によいとされているカリウムを含みます。また、エモジンやレイン、さらに古くから便秘の治療に使われてきた複数種のアントラキノン誘導体が含まれているので、美容に効果的と言われています。
rhubarb6

うちの家庭菜園より、簡単に育てることのできるルバーブ

ルバーブは、特有の香りと酸味を持つ野菜です。

見た目はフキのようですが、加熱すると短時間で溶けてしまうため、一般的な料理にはあまり使われません。

フランスでは、ジャムやケーキ、パイ、タルト、ソース、サラダなどに使います。

ちなみにフキはキク科で、ルバーブはタデ科です。

rhebarb9

ピンク色が鮮やかなルバーブの茎 収穫したうちのルバーブ

食用にするのは30~40cmほどの茎の部分のみ、

4月から10月頃まで最低2回収穫できます。

初夏のものは酸味が強く、秋になると酸味がやわらいでいくのが特徴です。

ルバーブは、シベリア南部が原産地とされ、ヨーロッパでは古くから栽培されているポピュラーな食物です。

rhebarb8

とても大きな葉っぱ

立派な葉っぱですが、ルバーブの葉には、毒性があるため食べないでください!

スポンサーリンク

ルバーブのタルトの作り方 「Tarte amandine à la rhubarbe」

材料 タルト型(∅22cm)

・ ルバーブ 400g
・ 砂糖 50g

アマンディーヌクリーム
・ バター 94g
・ 砂糖 94g
・ アーモンドパウダー 94g
・ 小麦粉 12g
・ 卵 1個

タルト生地
・ 小麦粉 250g
・ バター 150g
・ 砂糖 125g
・ 卵 1個

作り方

1. オーブンを180℃にセットします。クッキングシートを敷き、タルト生地の型にバターと小麦粉を塗っておきます。

  • ルバーブの筋を取り、2cmの長さに切り、砂糖をまぶしてなじませます。

rhubarbe1

2. タルト生地を作ります。

  • 小麦粉と砂糖を混ぜ合わせたら、バターを加えて手でつまみながら混ぜ合わせます。
  • 卵1個を加えてヘラを使いながら混ぜます。

Confiture

  • 生地を手のひらですりこみながら混ぜます。

cheese

  • ラップに包んで冷蔵庫で30分間冷やします。

3. アマンディーヌクリームを作ります。

  • バターと砂糖をしっかり混ぜ合わせます。
  • アーモンドパウダーを加えて混ぜ、そして小麦粉と卵を加えて混ぜます。

rhubarb2

4. 冷蔵庫からタルト生地を取り出して、生地を綿棒で伸ばして型に入れます。フォークで穴を開けるのを忘れずに!

残りの生地は、クッキーにします。

rhubarb3

5. アマンディーヌクリームを型に入れます。

rhubarb4

6. ルバーブの水気をとり、型に並べます。

rhubarb4

7. 180℃で、45分間焼きいろがつくまでしっかり焼きましょう。

rhubarb

出来上がりです!

アマンディーヌクリームの甘さと、ルバーブの酸味が調和した、バランスの良いタルトの出来上がりです。

ルバーブのタルトは、フランスの家庭でよく作り食べられているタルトです。

みなさんも、是非作って見て下さい。

「アプリコットのタルト」も大人気!
apricotte

アプリコットのタルト

ルバーブの代わりに、アプリコットもおすすめです!

アプリコットも同じように、酸味のあるタルトに仕上がります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

Bon appétit !

タイトルとURLをコピーしました