賞味期限70日!?日本のパン購入 - タラソテラピー&ライフ

賞味期限70日!?日本のパン購入

PAIN 日本のパン

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ               


 

フランスで見つけた、日本で製造されたパン。

コロナの影響もあり、日本の食材をフランスへ輸入するのは困難な状況の中、

日本で製造されたパンがフランスで売られていました。

もちろん、防腐剤入りのパンだろうと思い、パッケージを確認してみると…

 

スポンサーリンク

賞味期限の長いパン「東京ブレッド」

PAIN

北海道クリームパンとメープルパン

 

この東京ブレッドのパンは、

なんと、賞味期限は製造日から70日!

賞味期限が長い理由は、

発芽玄米酵母種を使用、その中の乳酸菌の働きにより、カビ等が繁殖しにくい生地環境にし、

水分活性値(0.9以下)を低くすることで、微生物が繁殖しにくい環境になるように製造されているとのこと。

 

PAIN

アルコール製剤は、バージンパルプに、人体に影響のない量のエタノール主体の鮮度保持液を含浸。鮮度保持液は全て安全な食品添加物で調合

 

また、パンの袋に入っているアルコール製剤からアルコール蒸気が包装内に拡散し、

カビを殺菌あるいは抑制するしくみになっているとのこと。

その上、厚みを持った包装フィルムを使用、外気を通しにくくし、アルコール製剤の効果を高めているので、賞味期限を長くすることができるというのです。

 

実食!しっとり、ふっくらした日本のパン

PAIN

クリームやメープルシロップがパンに練り込まれています。

 

食べてみたところ、

しっとりと口当たりの良いパンで、ふんわり柔らかく”賞味期限70日”とは思えないくらい新鮮なパンで、美味しかったです。

 

PAIN

メープルシロップが程よく練り込まれています。

 

例えば、メープルパンは、

メープルシロップの風味が心地よく、甘すぎないパンでした。

1個70g当り 239Kcal

気になるお値段は、

日本では、12個入り、1,100円で販売されているようですが、

フランスでは、その3倍の値段で売られていました。

 

ちょっと気になった裏の原材料

PAIN

E1412、E1510…。

 

”E”のついた食材がいくつか使われているところが気になりました。

特に気になった、E1412

血管壁のリン酸塩濃度を上昇させることが分かっています。

このE1412は、腎臓病の場合、心血管疾患のリスクを高めるため、有害になる可能性があります。

また、リンは慢性腎不全を悪化させることがあります。

腎不全である場合、カルシウムとリンの異常がよく見られ、これらの異常の結果として、

子供では、くる病、成長障害、成人では骨がもろくなる(骨粗鬆症)などの兆候が見られるなど、骨に関わることが報告されています。

実は、リン酸塩系の食品添加物については、世界的に論争が起きているのです。

 

東京ブレッド - パンの製造なら東京ブレッド
パンの製造なら東京ブレッド

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

 

富山県黒部市で作られている、「東京ブレッド」

美味しいけれど、

”食べすぎに注意!”ですね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ