タラソテラピー&ライフ - 5ページ目 (5ページ中) - フランスの癒し
クライオセラピー

暑い夏におススメ、クライオセラピー

冷たさは、幸せホルモンや癒しホルモンと呼ばれるエンドルフィンの分泌を促進するため、健康維持に効果があります。また、代謝アップ、免疫力、自然治癒力の向上、疲労やストレス抑制、よく眠れるようになるなど、短い時間のケアで様々な効果を得る事ができる画期的なテラピーです。
アルゴテラピー

アルゴテラピー(Algothérapie)で デトックス

アルゴテラピーに使われる海藻は海水中のミネラルやイオンをはじめ、海藻が含む微量元素、ヨウ素やビタミンなどを豊富に含んいます。海水のミネラルが酵素を活性化させて代謝を促し、海藻の働きでデトックスし、香りでリラクゼーション効果を得る事ができるテラピーです。

さくらんぼジャム

さくらんぼジャムの作り方ーバニラビーンズ入り

さくらんぼ 500g(うちのさくらんぼは、生でたべれないくらい酸味が強いのでジャムにします。なのでレモン汁は入れませんが、お好みで加えてください)ジャム用の砂糖 250g (普通の砂糖を使う場合は1時間さくらんぼと一緒に寝かせてください)バニラビーンズ 1/2 (又はバニラエッセンス)
裸足で歩く

フランスの海 – 砂浜や砂利浜を裸足で歩く

アスファルトとは違い、乾いた砂の上ではバランスに気を配り、常に姿勢に気を配らなければなりません。これは特に深層筋(姿勢筋)を刺激します。砂の上を30分ほど歩くと、下肢(脚、太もも、ふくらはぎ)の筋肉や関節が敏感になり、歩行している感覚を体感できます。また、砂の中を歩くことによって足はマッサージされ、足のさまざまな筋肉をリラックスさせてくれます。

タラソテラピー

タラソテラピーの歴史とフランス

タラソテラピーは、治療効果が認められている海洋資源(海洋性気候、海水、海泥、藻類、砂、その他の海から抽出された物質など)利用して、治癒や予防する療法です。現在フランスでは、インターネットの普及で誰でも簡単に予約してタラソテラピーを満喫できる環境になっています。

フランスの癒し

フランスの癒し ー Le bien-être en France

現在フランス語の ”Le bien-être(ル.ビアン-ネエトル)” は、日本語で ”癒し” の意味を持ってきている。 ”Le bien-être(ル.ビアン-ネエトル)” の言葉が、お店の名前、ワークショップ、広告に付いていると、癒しグッズが販売されていたり、健康食品、ハーブ、アロマ、セラピストによるイベントなど、日本で言う”癒し”に出会うことが出来る。
CAPパティシエ

2021年度 CAPパティシエ フランスの国家試験ー応募方法

"パティスリーの本場フランス"で国家試験を受けることができます。求職者、職業訓練中の人、または学生を対象としていますので、大人になってからでも”フリー受験者”でこの試験を受けることができます。
BMI-体格指数

食生活の見直しでBMI22の健康体-Wii Fitでチェック

体格指数BMIは、18.5以上∼25未満が標準範囲とされ、その範囲より大きすぎても小さすぎても病気にかかりやすくなるとされています。疾病率が最も少ない、理想的なBMI値は「22」とされています。

タイトルとURLをコピーしました