ゴミの山がバラの咲く公園に!- タラソテラピー&ライフ

ゴミの山がバラの咲く公園に!

rose バラの公園

ゴミの山だった所が現在、バラの咲く素敵な公園になった場所へ散歩に出かけました。

この公園は、噴水があり、バラが咲き乱れ、ピクニックできるなど、みんながくつろげる大きな公園ですが、この公園の歴史を知ると、見方が変わってくる公園でもあります。

parc

LA COLLINE AUX OISEAUX

「LA COLLINE AUX OISEAUX」 フランス語で、「鳥たちの丘」と名付けられたこの公園は、当時、ゴミの山に鳥が群がっていたことから、このように名付けられました。

下記添付の動画でその様子を見ることができます。

その後、市内近郊にあった廃棄物処理場のゴミの山のすぐ隣に、アパートが立ち並び始め、ゴミの匂いや安全面、衛生面などが問題視されるようになります。

公園の歴史

1923年11月、フランスのカーン市議会は、住民のゴミを受け入れるために、市内の近くにあった採石場を廃棄物処理場にしました。

昔は、リサイクルなどの観念がなかったので廃棄物は山積みにされていました!

当時のプラスチックや瓶などリサイクルされなかった多くのゴミが、現在もその形を残したまま、この公園の下にあることを実際に見ることができます。

colline_aux_oiseaux

山積みにされたゴミの山、しかも、ゴミの山の隣には、アパートが建ち並んでいます!!!

その後、1972年コロンベル町に「カーン地域の家庭ごみと一般産業廃棄物の焼却場」が建設されます。

そして、廃棄物の山は高さ約20メートル、面積は9ヘクタールにも及んでいた”ゴミの山”に終止符を打ちます。

rose

LA COLLINE AUX OISEAUX バラ園

1974年9月13日の市議会で、環境担当副市長だったファンク・ダンコム氏が、埋立地に公園を作ることを提案し、現在に至ります。

今では、ここが廃棄物処理場だったことを知らない住民もいます。

出典: histoire-de-la-colline-aux-oiseaux

憩いの公園へ

この公園には、動物もいます。

牛、豚、ロバ、ヤギ、羊、鶏そして、孔雀!

最近、私は孔雀に縁があります。

この公園にも、孔雀がいました。

paon

小柄な孔雀

paon

素晴らしい羽

 

孔雀についてのブログは、コチラから

フランスの白い孔雀のいるお城
フランスのカルバドス県にある可愛いお城「サン・ジェルマン・ド・リヴェ城」(Le château de Saint-Germain-de-Livet)へ、行ってきました。お城を見学するには、おとな9€、こども5€の入場料と「衛生パスポート pass santaire」が必要となります。
タイトルとURLをコピーしました