チョコレート工場でオリジナルなチョコを購入 | タラソテラピー&ライフ

チョコレート工場でオリジナルなチョコを購入 !

1-3 ドラッカー

チョコレートは、コーヒーのように奥が深いと思いませんか?

なぜなら、栽培されている国によって、チョコレートの原料となる ”カカオマス”の味が違います。

しかも、発酵そして乾燥させたカカオは、焙煎してからチョコレートを作っていきます。

Cacao fruits

実は、チョコレートは、種類がたくさんあるのです!

また、スイーツだけではなく、料理に使用したり(フランスでは、「ブフ・ブルギニヨン 牛肉の赤ワイン煮込み」にチョコレートを隠し味として使用する人もいます。)

そして、美容のために使用したり、コスメもあります。

昔は、「薬」としても利用されていたということから、いろいろな使用方法がある”万能チョコレート”なのです!

Beef Bourguignon

ブフ・ブルギニヨン 牛肉の赤ワイン煮込み

フランスでは、”マグネシウムを摂取できる”という理由で、疲れを感じたらチョコレート食べる習慣があります。

その上、素晴らしいチョコレート職人(ショコラティエ)たちが、個性あふれるお店を開いており、どのお店でチョコレートを購入しようか、

迷うほどチョコレート屋さんがたくさんあります!

そこで今回は、『Hotot Chocolaterie du Drakkar』のチョコレート工場へ行って、

工場で直接チョコレートを購入しました。

店の名前は、

「バイキングの船」をフランス語で「ドラッカー」と言う事から由来しています。
(Le bateau viking, aussi appelé drakkar en français)

ここには、直接販売しているショップと工場、アトリエ、そして、2階はチョコレート美術館になっています。

chocolat caen chocolat bayeux chocolaterie artisanale du drakkar, cacao musée du chocolat

 

1-1

(上)ペルーのカカオ使用(下)パプアニューギニアのカカオ使用

今回、ペルーのカカオ使用とパプアニューギニアのカカオ使用の板チョコレートを購入して、食べ比べてみました。

ビックリするほど、味が違います!

ペルーのチョコレートは、カカオの量が64%ですが、酸味が強く甘さ控えめです。

パプアニューギニアのチョコレートは、カカオの量が73%なので、ペルーのチョコレートより、苦味があるかな?と思いましたが、全然違い、73%とカカオの量が多めなのに、甘くてフルーティーなチョコレートでした。

 

ヘーゼルナッツとアーモンドのミルクチョコレート
1

Plaque à casser chocolat lait noisettes et amandes

ヘーゼルナッツとアーモンドの皮を取り、香ばしく焼き上げて、ミルクチョコレートに絡めたチョコレートで、食べごたえのあるチョコレートです。

量り売りされています。

ドラッカー
1-3

Les DRAKKARS

この店のお勧めの、チョコレートです。

drakkar-praliné

1つ1つ丁寧に、手作業で作られたドラッカーは、特別なメレンゲに浸され(企業秘密)、24時間かけて乾燥させた後、店頭に並べられるチョコレートです。

新作 プラリネのムースとアーモンドのメレンゲ
1-5

Mousse de praline et melingue aux amandes

1-4

5cmと大きなチョコレートですが、口の中でとろける軽いチョコレートです。

マシュマロのブラックチョコレート

1-2

私が大好きな、マシュマロのチョコレートです!

今年のバレンタインデーに合わせて、記事を投稿していますので、合わせて読んで下さい。

自慢できるほど美味しい♡フランス製チョコレート
もうすぐ、バレンタインデー。♥バレンタインデーと言えばチョコレート。昔は、チョコレートと言えば、スイスやベルギーのチョコレートと言われていましたが、今は、フランスのカリスマパティシエ · ショコラチエの活躍もあり、フランス製のチョコレートが美味しくて、お勧めです !

 

チョコレート美術館

1-6

小さな美術館ですが、チョコレートの歴史に関することや、その作り方を紹介しています。

おもに、フランスを中心としたチョコレートの歴史に触れることができます。

クリストファー・コロンブスが、カカオの実をスペインに持ち込み、フェルディナンドとイザベラに紹介したことで、スペイン国内にチョコレートを広めることとなります。

当初、チョコレートは、スペインのみで普及していきましたが、

フランス王のルイ13世が、スペイン王女のアナ・マリーア・マウリシアと結婚したことで、アナがフランスにチョコレートを広めるきっかけを作ります。

その後、ルイ13世の息子のルイ14世も1661年、スペイン王女のマリア・テレサと結婚したため、フランスでは上流階級からチョコレートが広まりました…。』

『Hotot Chocolaterie du Drakkar』のチョコレートは、e-boutiqueにて、購入できますが、商品が限られています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

カロリーが高いので、

食べ過ぎには注意して下さい!

 

 

デトックスのシーズンがやってきました!
フランスで人気のある白樺の樹液のデトックスの効果について
興味のある方は、こちらから ⇓

デトックス好きのフランス人は白樺樹液(ホワイトバーチウォーター)で健康を維持!春に効果的なフランス流デトックス法6選
デトックス好きのフランス人は白樺樹液(ホワイトバーチウォーター)で健康を維持!春に効果的なフランス流デトックス法6選 毎年、春になるとフランスのオーガニックショップや薬局では、デトックスするために新鮮な白樺の樹液が売られ始めます。 早春に、約1ヶ月間採液できる、期間限定の大変貴重な白樺の樹液。 白樺の樹液でデトックスす...
タイトルとURLをコピーしました