ガレット・デ・ロワのフランジパンが苦手.. - タラソテラピー&ライフ

ガレット・デ・ロワのフランジパンが苦手..

galette フランジパン

先週の日曜日もガレット・デ・ロワを祝いました。

一般に、1月末までガレット・デ・ロワの伝統菓子ガレットをお店で購入することができます。

そして、2月に入ると聖燭祭 (せいしょくさい)「La Chandeleur シャンドルール」を祝うためのクレープを作る道具や卵、小麦粉などの販売が始まります。

そう、1月は「ガレット」で、2月は「クレープ」なのです。

 

スポンサーリンク

子どもたちは、フランジパンが苦手

galette

アーモンドクリームがたっぷり入ったガレット

実は、従兄弟と子どもたちは、「Galette frangipane ガレット・フランジパン」が、あまり好きではありません。

フランジパン(frangipane)とは、アーモンドクリームのことです。

 

私の住む地方では、ガレット・デ・ロワの”ガレット”というと、

パイ生地に、アーモンドクリームをはさんだ円形のお菓子「ガレット・フランジパン」のことをさします。

 

年齢が低いほど、このアーモンドクリームが苦手な人が多いのです。
(うちの家族のデータですが…)

確かにアーモンドの香りの強いこのクリームは、どちらかと言うと大人向けの味かもしれません。

そこで今回、アーモンドクリームなしのガレットを用意しました。

 

アーモンドの代わりに、ひまわりの種

galette

リンゴとひまわりの種のガレット

ガレット・フランジパンの苦手な人のために売られている、”アーモンドクリームなし”と書かれた「リンゴとひまわりの種のガレット」を購入しました。

このガレットを作ったのは、パティシエ・ショコラティエのアルバン・ギルメさんです。

 

galette

濃厚で風味ゆたかなクリーム

アーモンドパウダーの代わりに、ひまわりの種をパウダー状にして作ったガレットを食べました。

 

Sunflower seeds

ひまわりの種

ひまわりの種のかおりが香ばしく、その上レモンのようなリンゴの酸味が程よくて、濃厚なクリームに仕上がっていました。

すっごく美味しかったです!

 

アルバン・ギルメさんのアトリエにミス・フランス

先日、ミス・フランス2021とミス・フランス2022の候補者達が、アルバン・ギルメさんのアトリエでチョコレート作りを体験したことが話題になりました。

 

Miss France 2023 | TF1
La 92ᵉ cérémonie de l'élection de Miss France a eu lieu le 11 décembre 2021 à 21 h 05, en direct du Zénith de Caen. Cette soirée a sacré la Miss France 2022. E...

 

次の日曜日もガレット・デ・ロワ

 

次の日曜日もガレット・デ・ロワを祝います。

次回は、アルバン・ギルメさんの作る「柚子やみかんなどの柑橘系のアーモンドクリームにジャンドゥジャチョコキューブ入りのガレット」を予約しました。

 

HTTP 429

 

gianduja

先日、いただいたチョコレートの中に入っていた「ジャンドゥジャ gianduja」

ジャンドゥジャは、ローストしたヘーゼルナッツとカカオ豆、砂糖、全粉乳を混ぜたチョコレート。

ヘーゼルナッツとカカオ、両方の風味と味が最大限に生かされているチョコレートです。

 

オリジナルなガレットなので、次回も楽しみです!

 

1月2日がエピファニー、既にお腹が限界..
フランスでは、クリスマスのあと、12月31日が、大晦日の深夜の晩餐 Saint Sylvestre (サン シルヴェスト)、1月1日が、新年の食事会、そして、1月の第一週目の日曜日にエピファニーを祝います。え〜今年は、エピファニーが、1月2日(日曜日)!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ガレットは、カロリーがとても高いので、

食べすぎに注意しないとね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ