リムーザン地方の「さくらんぼのクラフティ」- タラソテラピー&ライフ

リムーザン地方の「さくらんぼのクラフティ」

0-8 クラフティ

今シーズン最後のうちに実ったさくらんぼで、フランスのリムーザン (Limousin) 地方の伝統菓子「さくらんぼのクラフティ」を作りました。

「さくらんぼのクラフティ」の由来や作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

「さくらんぼのクラフティ」

0-9

手作り「さくらんぼのクラフティ」

作り方は、材料を混ぜて焼くだけ!

至ってシンプルなので簡単に失敗なく作ることができます。

もちもちっ♥とした食感がたまらない、「フラン Flan」のようなお菓子です。

 

「フラン Flan」

中世に初めて登場したフランスの伝統菓子「フラン Flan」。

dessert昔から伝わるのフランスの「フラン Flan」は、牛乳や卵などをタルト生地に流して焼いたお菓子でした。

その後、各地方の特徴をいかした様々なフランが広まっていきます。

 

「プルーンのファーブルトン Far breton aux pruneaux」
far breton

「ファーブルトン」

もちもちっ♥とした食感がたまらない、「フラン Flan」のようなお菓子と言えば、「ファーブルトン」ではないでしょうか。

フランスのブルターニュ地方に古くから伝わる伝統菓子です。

 

「フラン」、「クラフティ」と「ファーブルトン」の違い

•「フラン」は、タルト生地に牛乳、卵、+少量のコーンスターチ(昔は粉類を加えませんでした)を加えて焼き上げたお菓子。

•「クラフティ」は、小麦粉、牛乳、卵、そしてさくらんぼなどの果物を加えて焼き上げたお菓子。

•「ファーブルトン」は、小麦粉、牛乳、卵、ブルターニュ料理には欠かせないバター、そしてプルーンなどのドライフルーツを加えて焼き上げたお菓子。

 

リムーザン地方と「クラフティ」の由来
map

現在、編成統合されたリムーザン地方は、ヌーヴェル=アキテーヌ地方(Nouvelle-Aquitaine)と呼ばれています。

クラフティ(Clafoutis)という名前は、オック語の clafotís から来ていますが、これは「満たす」という意味の動詞 clafir または claufir に由来します。

クラフティは食べごたえのある、重いお菓子なので、”お腹を満たす”と言うことでクラフティと呼ばれだしたのかも知れません。

このお菓子の発祥の地である旧リムーザン地方では、クラフティを「ミリアール」または「ミラール」とも呼んでいます。

 

さくらんぼの品種「モンモランシー」
cerises2

うちに実った茎の長い品種の「モンモランシー」La cerise ou griotte de Montmorency

旧リムーザン地方では一般に、品種「モンモランシー」を使ってクラフティを作ります。

「モンモランシー」は、「サワーチェリー」と言う名前で日本でも果樹苗が売られています。

色は鮮やかで、品種によって茎が短かったり長かったりします。皮は非常に薄く、果肉は柔らかく、果汁は無色でわずかに酸味があり、アントシアニンが豊富に含まれています。

また、食用や保存用(ジャムやブランデーなど)にも適しているさくらんぼです。

去年投稿した「さくらんぼジャムの作り方」の記事は、コチラから

さくらんぼジャムの作り方ーバニラビーンズ入り
さくらんぼ 500g(うちのさくらんぼは、生でたべれないくらい酸味が強いのでジャムにします。なのでレモン汁は入れませんが、お好みで加えてください)ジャム用の砂糖 250g (普通の砂糖を使う場合は1時間さくらんぼと一緒に寝かせてください)バニラビーンズ 1/2 (又はバニラエッセンス)

 

「さくらんぼのクラフティ」の作り方

0-11

材料

クラフティ生地 型(∅26cm)

  • 小麦粉 少々(型用)
  • 無塩バター 少々(型用)

 

  • 小麦粉 130g
  • 砂糖 50g
  • 卵 3個
  • 牛乳 300ml
  • バニラ 少々
  • 塩 少々

 

  • さくらんぼ 400g
  • 砂糖 50g(さくらんぼ用)
  • レモン汁 少々(さくらんぼ用)
  • 粉砂糖 少々(デコレーション用)
0

うちで収穫したさくらんぼ「モンモランシー」

作り方

0-1

1

  • オーブンを180℃にセットします。
  • クラフティ用の型(26cm)にバターを塗り、小麦粉を薄くまぶしておきます。

0-3

2

  • さくらんぼの種を取り、レモン少々と砂糖50gを混ぜ合わせ寝かせておきます。

0-4

3

  • 卵、小麦粉、砂糖、牛乳、バニラ、塩をすべて入れて混ぜます。

0-5

4

 クラフティ生地ができました。

0-6

5

  • さくらんぼを型に並べます。

0-7

6

  • 型に、クラフティ生地を流し入れます。

0-12

7

  • 180℃のオーブンで60分間焼きます。

0-11

8

  • 粉砂糖をふりかけて完成です!

 

完成

0-8

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

酸味のあるこのさくらんぼは、

クラフティによく合うさくらんぼです。

暑い夏に冷やして食べて下さい。

”もちもちプリン”のようなスイーツになります!

 

 

体に悪い超加工食品が一目でわかる!?オーガニック先進国フランスが導入する時短で健康に繋がる「栄養スコア」マークとは?

 

タイトルとURLをコピーしました